差し押さえされた時に読むサイト【待ったなしの状況】

財産が差し押さえされた時どうするの!?

給料を差し押さえられている場合に、
差押えを解除はどのようにすればできるのでしょうか?

 

給料の差押えがされている状態で、自己破産の申立をしても、差押えは取り消されることはありません。

 

同時廃止をして、免責許可が申立した時に差押えの停止を申し立てることが必要です。

 

この時、あくまで差押えは「停止」です。解除されていません。

 

給料の差押えは、免責許可決定が確定するまではその後も続きます。

 

免責許可の決定が確定になると、差押えの手続きは効力を失います。

 

自己破産は必要最低限の生活費や財産を除いて全て処分し、債務を免除してもらうことです。

 

よって自己破産における最大のデメリットは自分のもつ財産のほぼ全てを失うことです。

 

そして執行手続き取消の上申をして、差押えは解除になります。

 

借金について

 

配偶者が自分に黙って借金をしてしまうというケースは意外に多く、法律相談でもよく寄せられる悩みの一つです。

 

借金があると発覚したら速やかに対処しないとどんどん利子が増えてしまう可能性がありますから、早急に行動開始してください。

 

今回は、配偶者の借金が発覚した場合にすべきことを解説します。

 

最初にやらなければならないことは、借金の総額を把握することです。

 

内緒で借金をしている人は、借金がばれないよう契約書類や郵送された通知などを処分しているケースが多く、全容の把握が困難な可能性が高いです。

 

根気強く借入先を確認して、チェック漏れが無いよう注意してください。

 

絶対に配偶者を怒鳴ったり非難してはいけません。相手を怒ってしまうと萎縮してしまい、借金を小さく見せようとしてさらに隠してしまう可能性があります。

 

相手への感情はひとまず抑え、借金の確認を優先してください。

 

残っている書類を集め借金の全容がわかったら、速やかに法律の専門家に相談してください。

 

弁護士のつてが無ければ法テラスや自治体の法律相談なども便利です。借金に関するトラブルを専門に扱う弁護士は多いですから、必ず見つかります。

 

弁護士との相談では、借金が本当に適正なもので違法性が無いか、などをはじめに様々な確認を行います。

 

どの程度なら返済可能なのかの返済計画を立てると同時に、債務者と返済に関する交渉も代行してもらえます。